RSS | ATOM | SEARCH
広島のパワースポット
img06_250_-108_23















「牛田大橋を渡るとなぜか空気が違いますね」
「気持ちが落ち着くんです」

そんな会話をよく耳にするようになった。

特異なパワーを発しているのだろうか?
云わば「静なるパワー」であろう。

静的パワーなのか動的パワーなのか何れ
“験証”されることだろう。

牛田地区は二葉山、見立山を南北に入口を
成し中に牛田山を配して「コの字形」に山が連
なる。街なかにあっては特異な場所である。

パワースポット?と云われる由縁は・・・

位置は広島城の東北”喜門”にあり、築城の際、
毛利輝元は自然の力を得るため牛田や二葉山
を東北の位置に据えるように城の位置を定め
たという。

視点を日本列島に向ければ、列島自体が東北
方向に細く延びている。

牛田(広島)は霊峰大山(鳥取)と火のくに阿蘇
山(熊本)を結ぶ*レイライン上にあるという。

また、東西に見れば東に伊勢神宮、西に萩市で
その交点が「広島」と言うわけであるが、

その中に牛田早稲田神社があり、1958年に
は約8000年前の縄文土器片が境内から大量に
発掘された。
広島近郊では最古の遺跡であり、さらに同じ境
内から弥生の人骨と墳墓跡も発見されている。

牛田は、太古より旧市内では一番古くから人の
暮らしがあった。
云わば“広島人のふるさと”である。

早稲田神社は一つのパワースポットかも知れ
ない。

また、地区内には「白竜さん伝説」が今に伝わ
っている。竜神に護られ山ふところに静かに包
まれて、内をしっかり充実させる町。

牛田の町の何処かをゆっくりめぐり、ひと時
を過ごす・・・心は落ち着き新たな発想が湧
き興ることだろう。

*レイライン学問的には定かではない。




サクラありがとうございます
ようこそ ありがとうございます。


author:yuikoubou, category:うした山麓学, 00:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.yuikoubou.com/trackback/380