RSS | ATOM | SEARCH
ヤマトコトハ、タカラの「カ」に想う


目に見えない働きの「カ」

 
「か」行音カキクケコは、共通して先祖と今、天と地、上下
(かみしも)を真直に行き来し、つなぐ目に見えないタテイト
といえる。しかもあらゆるものを浸透し通過させる。 
見えない“気配”をカの音として人は発声する。カミ、カゼ、
カスミ、疑問符?の「カ」

タカラとは「タ」と「ラ」を行き来(カ)して繋ぐはたらき。

 

タ音は
溜まる充満、あらゆる恵みを一点集中集合させる。求心の陽。
ラ音は
恵み得たものの価値を高め拡大拡散、他に与える。遠心の陰。

 

タカラ(宝)とは、コトバの源を探れば、自ずからその意味が理
解される。本当のタカラとは、元々蔵に納めて大事に収蔵する
ものではなく世に広く生かし伝えるもののようです。
「タカラ」・・・ココまで

・・・・・・・・・・・・・・・・

また「タ・ラ」と言えば、「たらちね(足乳根)」和歌(短歌)の枕詞
に用いられている。

 

「タ」は 陽・天・日。「ラ」は 陰・地・月を表す。タは父・ラは母
でもあり「タラチネ」とは、枕詞でふた親、特に母親をあらわす
場合が多いようです。

 

「チ」は血、血すじ、チカラ、霊。「ネ」は根源、根っこ、因など。

「タラ」または、タラチとも言い、父をタラチヲ、母をタラチメ
とも言う。

 

 

ことばの源ヲシテ国学
大和言葉音義学を参照す

ようこそ猫  小.JPG〜yui@朱の文化復活宣言〜

author:yuikoubou, category:大和言葉, 12:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.yuikoubou.com/trackback/2228