RSS | ATOM | SEARCH
あおぞら子供神楽団初出演!

大江山・神楽 

あっぱれ!
第18回牛田ほおずき祭りから・・・。
原畑さんのご縁から、『あおぞら子供神楽団』に
はじめて出演いただくことになった。

まつりは本来、たぶん神事をもとに、人々は集まり
多くの人とまつわり、つながり、日常をはなれて心を
ひらいて人々は、祭りの中で和合一体となっていった。

神話に基づく神事の一つを、歌舞音曲、口上を展開
させて生まれたのが、神楽であろう。

祭りには、神楽は外すことができないものと言える。


ひと昔前、牛田の小学生たち数人が、近くの神社に
神楽見物に行った。
見終わって、神楽をやりたい!舞ってみたい!と
大人に懇願したという。

そしてやがて「あおぞら子供神楽団」が結成された。
今は、もう高校生に成長してみんなをまとめている。

今回に演目は「大江山」だった。

author:yuikoubou, category:うした行事, 20:58
comments(0), trackbacks(0), - -
「安楽寺の大いちょう」初演

アッパレ!アッパレ!
牛田っ子の・・・「う」は、うち(内)にしっかりチカラが
みなぎってる。     うまれた、生まれた!  そう!
『牛田の歴史と文化を生かしたまちづくりの会』
うごきはじめる、動きはじめた。  さあ! どんな・・
物語になることか『安楽寺の大いちょう』の
は〜じまり〜、はじまり〜〜  (始めの口上) 

大銀杏本番1
大銀杏本番2
大銀杏本番3大銀杏本番4

夏の風物詩、牛田ほおずき祭り会場で
巨大紙芝居「安楽寺に大いちょう」の初演!

 

「牛田の歴史と文化を生かしたまちづくりの会」
発足して初めてのお披露目でもあった。

懐かしくふるさとを想う、想えるまちになる牛田
この日のためのテーマソングをバックに見事!

画を描かれた「はらみちを」さんも舞台を見上げ
て楽しまれた。

歌と地元子どもたちのコーラス(にわかづくり)が
一層盛り上げた。


地域の多くの人たちの共力によって成り立ちました。
これからも皆様のお力添えにより地域文化の支え役
として皆様と共にしっかりと育てていきたいですね。

アッパレ!
さあ!次は又、どんな物語がはじまることでしょう。

author:yuikoubou, category:うした行事, 20:03
comments(0), trackbacks(0), - -
第十八回牛田ほおずき祭り
委員長挨拶松井市長
ほおずき通り
学生1

2011.7/16.17
朱のほおずきとゆかたがぴったり合う。
夏の風物詩となった。
二日間で約10万人。
地元に民話「安楽寺の大いちょう」
今年初めて、あおぞら神楽団の舞が注目を集めた。

author:yuikoubou, category:うした行事, 19:26
comments(0), trackbacks(0), - -
牛田朝市・もち搗き
もち米を蒸す、湯気が立つ、香りが漂う〜

杵を振り降ろすと木臼が木魂のように響く

今日は、地域で恒例の朝市。

もち搗き













木臼2














よもぎ餅木臼1















歴史を感じる年季の入った木臼。
囲んでかけ声とともにどれだけ多くの
人を盛り上げたのだろう。
(臼は島根県飯南町の協力)

餅つきといえば、
まず子どもがよろこび、はしゃぐ
それはもう遠い昔のことなのだろうか。

ペッタン!ペッタン!音を聞きつけると
ワクワクした。

寒さの中に、子どもたちは出ないのかなァ
author:yuikoubou, category:うした行事, 15:36
comments(0), trackbacks(0), - -
朝市の知らせ

朝市といえば、
前日に収穫されたものを翌朝に市場に並べる。
その新鮮さが思い浮かぶ。


1月22日(土)午前9時〜12時
場所:リホームインテリアKAGEI(カゲイ)
 
  (牛田大通光明学園南隣りTOTOショップです)
イベント:餅つき・ぜんざい・お米試食
     島根飯南町産地直・加工品・野菜市など

商店街では、毎月第4土曜日に朝市を開催しています。
      場所は牛田町内、お問い合わせは
      TEL082-222-0211(商店街事務局)

開催は、毎月第4土曜日
    開催場所は牛田町内、ご希望の場所で開催
    することもできる。
    単独店で、複数店共同で各店のイベントとの合体。

※朝市は、生命地域宣言の島根・飯南町及び
     同町農事法人木精ファームの全面協力で行われている。

author:yuikoubou, category:うした行事, 10:31
comments(0), trackbacks(0), - -
“畫き鳴らす太鼓が天の浮橋”
牛田成年太鼓組













昨日は鎮守の森の秋祭り
太鼓の余韻、いまだにひびく朝

「牛田成年会太鼓組」来年は発足35周年を迎える。

早稲田神社で「牛田八幡太鼓」の初披露目があった。
太鼓は音が駈け廻る「音の架け橋
学問の神様と元気な子どもたちを繋ぐ願いがこもる。

日本神話に出てくる「天(アマ)の浮橋」は音の架け
橋に喩えられる。
その繋ぐものは、わたしとあなた、願いと現実、
祈りと成就、左と右を繋ぐ「神社の鳥居」のように、
上げれば切がないが、これらはもともとはヒトツ
に繋がっているものを、ついつい日常は忘れがち。

結びと繋がりを想い興してくれるのが左右をつなぐ
形の「鳥居」かも知れない。

「八幡太鼓」八百万神の由来もありそうだが・・・
「番」には、かわるがわりの意味もあって八百万神は
「音なう」となって、変る替わるヒビキわたり神々が
音づれる」(訪れの語源)のであろう。

神話に云う「天の浮橋に立たして・・・こをろこをろ
に畫き鳴して
」とあるのは「音」に喩えられる。

数えて35年
天の浮橋にお立ちになって打ち鳴らす神々のヒビキ。
「牛田八幡太鼓」が牛田のまちからヒビキわたる。


「牛田成年会太鼓組」ほおずき祭りでの様子です(You Tube
http://www.vidbox.org/video/jYe3fUzhJ1Q/_2009.html

サクラありがとうございます
ようこそありがとうございます。
author:yuikoubou, category:うした行事, 10:30
comments(0), trackbacks(0), - -
茅の輪、ちのわ
わくぐり1わくぐり2

















わくぐり3tinowa











牛田の町の夏祭り「夏越祭」(わくぐり祭)へ
今日は地元早稲田神社の夏祭り

茅の輪の由来は
ある時スサノヲノミコトが一夜の宿を頼んだ。
泊めてくれたお礼に「茅の輪」を腰に下げていれば疫病を祓う
ことが出来ると言って小さな輪を与えたという。

今では大きな輪をくぐる「わくぐり祭」となった。
左、右、左三回くぐる。

面白い、スサノヲノミコト六代目の子にオホクニヌシノミコトがいる
先父から様々な試練を受けるが父の娘スセリヒメから教った
『魔除け祓いの方法』によって難を逃れる。

”ゆらゆらゆら ふるえふるわせ
たましずめ ひれ振れ ひれ振れ 三度振れ
ふれば わざわい敗退 敗退”(NHKオーディオドラマ「古事記」より)

『ひれ』とは白い布(マフラーのようなものか)
その不思議な布を左、右、左と三度振る。

神主さんの祓い、輪くぐりも同じ方法ですね。







author:yuikoubou, category:うした行事, 21:19
comments(0), trackbacks(0), - -
”緑”のほおずき
20年ほおずき















待ち遠しい”朱の色”

7月のうしたほおずき祭り
500本のほおずきはすべて完売。
したものの・・・

「一週間もすれば赤く色づきますから・・・」
(7/20のこと)
嘘ごとになってしもうた。

きょう、すでに二週間、まだ青緑。
黄色付いたものもあるが、朱色には
ほど遠いい。(上の画像)
(このあと葉っぱを少し掻き取った)

昨年のほおずきとは、随分ちがう。
まだ二週間はかかりそう。

朱赤のほおずきこそ!
風物詩! 願晴れ!

注意書!
?鉢植えは日当たりのよいところに置く

?日当たりを良くするため
 余分な葉っぱは掻き取る。
 午前日当たり、午後日陰が理想

?乾燥は嫌う、水はしっかり与える。

ほおずきの育て方参考 ↓
http://yasashi.info/ho_00010.htm


author:yuikoubou, category:うした行事, 11:52
comments(0), trackbacks(0), - -
きょうも「ほおずき祭り」
祭り朝日
あっぱれ!
うしたの
夏を彩るまつり

きょうも好天

弥栄!弥栄!

きょうの日の出。

7/20 17:40夕陽の内に
7/2017:40











ほおずきマンは、子どもたちの人気もん
ほおずきマン

















うした風物ほおずき鉢植えうしたの

風物詩

「ほおずき」

今年は、

朱赤の
色づきは7日遅れ・・・

うした太鼓









祭りは、なんといっても太鼓に笛
author:yuikoubou, category:うした行事, 07:04
comments(0), trackbacks(0), - -
祭祭、祭
通り19時23分



オープニング
17時20分

第15回
ほおずき祭り







音楽隊1
まだまだ
明るい

夕陽にさえる
ほおずき
ゆかた姿


まつり通り1

二日間で8万人という
約半数は、

年少のこどもたち
地元で恒例

午後8時前

まつり通り2






   和太鼓  ”彩”舞台
彩 舞台







うした太鼓組1牛田成年太鼓組
舞台から
路上へ
サプライズ

観客と一体に
顔なじみで
盛り上がる



彩と子ども
笛と太鼓
五穀豊穣
えびすに大鯛つり
日本のこども
もちろん
笛太鼓がだいすき
今年、二歳女児に
見とれる。

”おひねり”の飛び交う
祭り舞台にしよう!!20日
author:yuikoubou, category:うした行事, 18:17
comments(0), trackbacks(0), - -